シクロエラン☆ドットコム TNIハードケース説明

超低価格の輪行用ハードケース ロード用

TNIバイクハードケース




ハードケースっはどれも高価でなかなか手が出せませんでした。今回発売されたこのTNIバイクケースは、かなりお手ごろ価格です。
ロードバイク用です。DHバイクは絶対入りません。

カラー:ブラック
重量:13.5kg
サイズ(外):116cm(横)x83cm(高さ)x33cm(幅)
サイズ(内側):112cm(横)x74cm(高さ)やや台形です。

@前後のホイール、ペダルをはずして、サドルを下げて、ハンドルを抜けば入ります。
Aホイールをケースに入れて、バンドで締めます。隙間に入るものはクッション代わりにどんどん入れましょう。
☆ホイールケースは単品で使っても全く問題ない造りです
☆丈夫なメインキャスター・360度回転する前輪のキャスター
☆キーナンバーは任意に設定することができます。便利! ☆中にスポンジが入っています。
☆ホイールケースとペダルなどを入れる小物入れが付属
☆暗証番号(数値設定可能)とかぎの2重ロック
☆85kgの縦方向の荷重に耐えます・75kgの横方向の荷重に耐えます


梱包方法について
◆ロードバイクでしたら簡単です。◆

@.車輪前後外します。
A.左右のペダルを外します。
B.ハンドルバーを外します。Aヘッドのオープンステムでしたらステムトップの2本(4本)ネジを外します。
C.サドルを下げます(傷を気にしなければの場合)、出来ればサドルはピラーと一緒に外した方がベスト。
D.フレームをケースに入れます。
E.ホイール・ハンドル・ペダル・サドルを空いている場所に入れて、スキマにはショックを吸収できるような物を入れていただければベスト。
※DHバーがついている場合は、ハンドルバーからDHバーも取り外してください。

◆MTBバイクの場合は大変です。◆
ロードバイクの@〜Dまでは同じですが、サイズの大きいフレームの場合はリア変速機をフレームから外す必要があります。
※バーエンドのついているMTBバーの場合は、うまく梱包していただかないと入りません。
ロードレーサーより手間はかかりますが、MTBでも梱包は出来ますので(お約束は出来ませんが)手間をかけてじっくりお願いいたします。

◆輸入品のため、破損した場合は修理が出来ません。飛行場で荷物を受け取るときに破損していた場合は、破損証明書を申請してください。

 ☆ご注文は「こちら」から「輪行バックのその他」をクリックしてください。

What’S Your Perfect