※ページが完全に変わってしまい、プラウザの左上の矢印<←>で戻れない方や、【直前の画面】
  クリックしても戻れない方は、プラウザの閉じる<>ボタンを使って戻って下さい。



「工房エランへようこそ」

工房エラン
1988年サイクルスポーツ10月号から掲載
日本のフレームビルダー名鑑より抜粋


サイクルスポーツにフレームビルダーとして紹介されました。 世界のエランへ飛躍の第一歩です
 昭和27年6月生。お客が店を選ぶというように、店もお客を選ぶ。と言う職人気質のビルダーです。


ユーザーの欲しいものを作る。だから、ユーザーを理解していたい、そして自分も理解されていたい。ビルダーとユーザーが一体化して、初めてELANが生み出されます。


本名=高橋清一 通称=高橋一博
と名前をふたつ持つなんかわからない変な人間。
    

工房エラン・芯出し定盤 工房エラン・フライス盤など

シクロタカハシ1
1986年サイクルスポーツ11月号から掲載
レースで勝てるトライアスロンバイク研究より抜粋


ロードレーサーからトライアスロンに不必要な要素を省き、つかれないマシンに。
グラビアの2頁見開きに取材されて掲載されました。
当時トップアスリートの梅沢選手にフレームを供給。

走る用途により、むろん体型にもよりますが、自転車の全体のサイズが変わります。踏み方によりフレームの角度も変わり、自転車はすごく難しいものだといつも痛感しています。


工房エラン・フライスパイプ加工 工房エラン・ブレーキセンター穴開け治具

シクロタカハシ2
1988年サイクルスポーツ5月号から掲載
スケルトンわがまま放題より抜粋


サイクルスポーツのグラビアトップページに見開きの2頁で掲載されました。
1986年から日本で初めてコンピュータで、フレームサイズ算出やフレームスケルトン設計を導入。


当時としては画期的な発想で、業界の注目を浴びる。

10年以上たった現在でも、エランのコンピュータシステムは健在で、何十台いや何百台とオーダーメイドで設計製作したことか・・・。



ロー接 治具類

オーダーランドナー

高橋清一の好きな自転車。ランドナーを製作しているときが、一番落ち着けるひとときです。

本音を言うと、ランドナーを製作していては、時間がいくらあっても、足りず 商売にならないかな


フレームアップ1 フレームアップ2
フレームアップ3 フレームアップ4
チェンスティー関係治具


ランドナーやスポルティーフの製作はビルダーの醍醐味
これがきれいに出来て、ロードも、ピストも完璧な作品が出来るのだな、うん。


フレームアップ2

フレームアップ3

2.000年5月号のサイクルスポーツに掲載されました。
ROAD BIKE SUPER COLLECTION2000特集の
オーダーメーカーにて掲載。



グラフィック社の『シクロツーリストVOL.3』2011年7月発行
に日本のビルダーとして選ばれて掲載して頂きました。

ツーリスト
ツーリスト


2004年 5月14日の「読売新聞 埼玉版」に
取り上げられ掲載されました。